第1章 総 則
(名称)
第1条  本会は熊本大学龍南会と称する。

(目的)
第2条  本会は会員間の親睦を図るとともに、熊本大学剣道部を後援することを
       目的とする。

(事務所)
第3条  本会の事務局は熊本市に置く。

(支部)
第4条  本会は会員が多数在住する地に支部を置くことができる。
2     支部の運営はその支部の会員により選出された支部長がこれに当たる。

                       
第2章 会 員
(会員)
第5条  本会は、熊本大学剣道部卒業生をもって組織する。

(名誉会員)
第6条  熊本大学の前身である各旧制学校の剣道部員を名誉会員とすることができる。
       また、熊本大学剣道部関係者を特別会員とすることができる。
2     特別会員の入会に当たっては、役員会の承認を要する。

                  
   第3章 役員及び役員会
(役員)
第7条  本会に下記の役員を置く。
      (1) 会 長       1名
      (2) 副会長       2名以内
      (3) 理事        5名以上10名以内
          内訳 事務局長理事      1名
              常任理事         5名
              会誌編集委員長理事 1名
              理事            3名
      (4) 監 事       2名

(役員の職務)
第8条  役員の職務は、次のとおりとする。
   
  (1)会長は、本会を代表し、会務を統括する。
     (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代理する。
     (3)理事は、本会の職務を執行する。
     (4)会誌編集委員長は、会誌・会報の編集及び発行を担当する。
     (5)監事は、本会の会計監査を担当する。

(役員会)
第9条  会長は、第7条の役員によって構成される役員会を招集し、その議長となる。
2     役員会は、次に掲げる職務を行う。
     (1)本会の業務執行の決定
     (2)総会提出議案の決定
3    役員会の議決は、役員の過半数が出席し、その過半数をもって行う。当該議決に
     利害関係を有する役員は出席者数に算入しない。
4    役員会には、熊本大学剣道部長、同監督、同コーチ及び剣道部主務並びに本会員
     顧問及び相談役がが出席し、意見を述べることができる。

(役員の選任)
第10条 役員は、総会において、会員の中からこれを選任する。役員を解任するときも
      同様である。

(役員の任期)
第11条  役員の任期は、就任後第3回目の定時総会終結の時までとする。
2      任期満了時に退任した役員の補欠として選任された役員の任期は、退任した
       役員の任期の満了するときまでとする。

(名誉会長等)
第12条 本会に、必要に応じて名誉会長1名、顧問および相談役若干名をおくことができる。
2     名誉会長、顧問及び相談役は、会長が総会の承認を得て委嘱する。

                 
 第4章 総会および大会
(総会)
第13条 定時総会は、毎年4月中に開催する。
2     前項のほか、会長が必要と認めたとき、又は3分の1以上の代議員より請求が
      あったときは、臨時総会を開催する。

(総会の構成員)
第14条 総会は、卒業学年ごとに1名あて、当該学年において互選された代議員をもって
      構成する。
2     代議員は、会長又は他の代議員を代理人として、議決権を行使することができる。
      ただし、この場合には総会の前日までに事務局長に届け出なければならない。
3     代議員は、役員を兼任することができる。

(招集)
第15条 総会は、会長がこれを招集する。会長に事故あるときは副会長がこれを招集する。

(議決権)
第16条 総会の議事は、代議員の過半数が出席し、出席代議員の過半数をもって
      これを決する。
2     総会の議長は、その総会において、出席した会員のうちから選任する。必要に
      応じて副議長1名を選任することができる。

(決議事項))
第17条 次に掲げる事項は、定時総会においてその承認を受けなければならない。
      (1) 事業報告
      (2) 会計報告
      (3) 事業計画案
      (4) 予算案
      (5) 会則の変更
2    総会の議事については、議事録を作成し、議長及び会長がこれに記名押印する。

(会計監査)
第18条 前項の会計報告については、あらかじめ監事の監査を受けなければならない。

(大会)
第19条 本会は、会員相互の親睦と交流を深めるために、3年ごとに大会を開催する。
2     大会の運営は、各大会ごとに会長の委嘱を受けた実行委員がこれに当たる。
3     大会においては、親善剣道試合・稽古会、事業報告及び大会の実行委員会が
      企画した行事並びに懇親会を行う。

(稽古会等)
第20条 本会は、大会のほかに会員相互の親睦と交流を深めるため、支部ごとに、又は
      世代ごとに稽古会、懇親会その他の集会を開催する。

              
第5章 事務局および会誌編集委員会
(事務局)
第21条 本会の業務の遂行は、事務局長理事及び常任理事によって構成する事務局が
      これに当たる。
2     事務局長は、事務局を代表し、常任理事はこれを補佐する。
3     事務局には、事務局長のほかに次の役職を置き、それぞれの役職は事務局内
      において互選する。
      (1) 事務局次長      1名
      (2) 正・副会計担当  各1名
      (3) 正・副会員担当  各1名

(会誌及び会報)
第22条 本会は、毎年1回会誌又は会報を発行する。
2     会誌、会報の編集及び発行は、会誌編集委員会がこれに当たる。
3     会誌編集委員会は、委員長及び委員により構成する。
4     会誌編集委員は、毎年度ごとに、会誌編集委員長の推薦にもとづいて会長が委嘱
      する。

                  
    第6章 会 計
(会費等)
第23条 本会の経費は、入会金、会費及び寄付金等の収入をもってこれに充てる。
2     会費は、年間一万円とし、毎年12月31日までに納めなければならない。
3     新たに入会するものは、入会金として金1,000円を拠出するものとする。
4     会費及び入会金の取り扱いは、本条のほか別に定める会費取扱規則による。
(会計年度)
第24条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

                  
    第7章 慶 弔
(慶弔金)
第25条 会員に次の各号に定める事由が生じた場合は、当該各号に定める祝い金・見舞金
      を支給する。
      (1)会員の大会に関係する慶事又は受賞   記念品又はその相当額
      (2)会員が死亡した場合              2万円
      (3)会員の配偶者が死亡した場合        弔電発信

附 則
1   この会則は、平成24年4月28日開催の第12回通常総会において、会則変更の議案が
    可決されたときから施行する。
2   この会則の施行後の最初の役員については、その任期を変更後の会則第10条の
    規定に基づいて選出されたものとする。
3   変更後の会則における理事であった者は、変更後の会則第14条の規定に基づき、
    新たに各学年において代議員の互選ががなされるまでの間は、同条の規定に
    基づいて選出された代議員とみなす。